妊婦さんがむずむず症候群になりやすい訳

妊婦さんがむずむず症候群になりやすい理由と、その対処法

今日本の妊婦さんで何人ぐらいの方がむずむず症候群に
かかっているのでしょうか?

 

統計によれば日本の調査対象になった妊婦さんの20%が
むずむず症候群にかかっているということが分かったそうです。

 

一般人の罹患率が5%くらいなので、比べても非常に高い確率で症状
に苦しんでいる人が多いのが分かります。

 

では、何故そんなにも妊婦さんの罹患率が高いのでしょうか?
その原因は妊娠中期に入る頃にあります。妊娠中期になると胎児の赤血球も
急激に増えて行くことにあるらしいのです。

 

赤血球を作るには鉄分が必要不可欠です。その鉄分を補うのは母体しか
ありません。胎児に鉄分を供給することで、母体となる妊婦さんの
体内の鉄分が著しく不足して行きます。
その結果貧血症やむずむず症候群を引き起こす人が多いのです。

 

また胎児をお腹に抱えることで脊髄の圧迫が生じます。
その結果、脊髄内の神経も圧迫されることによってむずむず症候群を
引き起こす原因にもなるのです。

 

本当に妊婦さんは大変だと思います。
対策を講じようにも、なかなか思うようにはならないですよね。
出来るだけ脊髄に負担をかけないように工夫するとかしないと、
益々状態が悪化してしまうのは想像に難くないですからね。

 

その対策として一番良いのは、軽く体に負担をかけないような
軽微な運動をすることだと思います。
例えば、ウォーキングなんかもいいと思います。
それに条件が合えばプールで出来るだけゆっくりとウォーキングするのが
ベターかも知れません。普通に歩くよりも水の浮力によって
体重が軽減され、腰や脊髄にかかる負担もその分軽減されるかも
知れないからです。

 

その他にも軽い柔軟体操なんかも良いかも知れません。
ただでさえ自分自身の体を支えるのが大変なのにと思うかも
知れませんが、何もしないで静止していることが一番むずむず症候群
には良くないことなので、そういう僅かなことが少しでも
妊婦さんの助けになるのではないのかなと思います。

 

そして体の中からむずむず症候群にならないようにするには、
不足しがちな鉄分をしっかりと補うことが大切です。
今は鉄分を補うサプリメントも豊富に揃っています。
どれを選んで良いか迷うぐらいありますよね。

 

一応お勧めの選定基準ですが、鉄分が豊富に含まれていることと、
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があって、体内に吸収されやすい
ヘム鉄であること、そして、そのヘム鉄をより吸収されやすくする
ビタミンCが多く含まれているサプリメントであること。
この2つの条件を満たしていればOKだと思います。